特定調停の役割とその概要

 

今回は、特定調停とは何か、その役割についてご説明します。これは、簡易裁判所が借金整理や借金返済をしたい人と債権者との間に入って、話し合いを仲裁するというものです。これを行うことにより、返済条件の軽減や新しい借金返済プランの合意が成立する手助けとなります。債務者が借金を整理して、一から新しい人生を送れるように支援するというのが大きな役割となっています。
概要としては、まず第一に債権者からこれまでの取引履歴を開示してもらうというのが第一段階です。そして利息制限法に基づき、利息制限法以上の高金利は全て無効とします。つまり、これまで過払いしていた金利分が借金の元本返済に充てられるという手続きが取られます。
ですからこの手続きを行うことによって、借金返済がだいぶ楽になったという声が非常に多くあります。高金利を多く支払ってきたために借金返済がなかなか進まず困っているという方はぜひ利用するべき方法だと言えます。
ただしこの方法は誰でもできるというわけではありません。減額後の借金が3年程度で返済できる金額の方、それから継続して収入を得る見込みがある方でないと利用できませんので注意が必要となります。自分がこの制度を利用できるかどうかわからないという方は、法律事務所などに気軽に問い合わせてみてください。