マイホームの扱いについて

 

借金が膨らんでしまい、返済が不可能になった場合には、自己破産してしまうことになります。自己破産の手続きをすると、持っている財産を失う代わりにまた一からやり直せます。
財産を失うということは、当然マイホームも失うおそれがあります。住宅を失ってしまうと、住宅ローンで返済を続けていても意味が無くなってしまいます。
また、自己破産をしてしまうと金融機関からの信用を失ってしまいます。金融機関では信用情報が共有されているので、すべての金融機関からの借り入れができなくなります。自己破産後に住宅を買おうとしても、住宅ローンが組めないということになります。
しかし、住宅を失わずにやり直せる方法がいくつかあります。その中の一つは特定調停です。特定調停では借り主と貸主の間に裁判所が仲介して、返済に関して話し合い解決するという方法です。話し合いで解決するのである程度自分の有利な解決策にすることも可能です。
そのため、住宅を残すこともできます。しかし注意したいことは、特定調停では話し合いで決めた内容で借金の返済を続けないといけないことです。少しでも借金の返済が滞ると、強制的に財産を没収されることもあります。借金を確実に返済できるように、計画をたてて返済しなければなりません。