メリットって?

 

ギャンブルなどの趣味や資産運用のための株取引、自営業による会社運営の資金調達など、借り入れをする理由はさまざまです。しかし、あまりに多くの借り入れをしてしまうと、毎月の収入から返済していくことが厳しくなってしまいます。
借り入れをした債務者から無理に返済を請求すると、自己破産に追い込んでしまいます。その結果、免責が認められてしまうと、債権者側は貸したお金が返ってこないため、自分自身の会社がリスクを背負う形になってしまうのです。そういったことを避けるためにも債務者には自己破産ではなく、特定調停による方法で債務整理をします。
特定調停とは、民事手続きの一種であり、一般的な調停手続きと変わりはありませんが特例をして定められています。債務者が個人だけではなく、法人であっても特定調停の手続きをとることが可能です。
現時点で返済していくことが難しい場合、債権者と返済方法について話し合いをし、債務者の生活や事業の改善をするための手続きといえます。特定調停のメリットとしては、債務者の現在の状況などを基に今後、どのような返済の仕方が適切であるかを債権者と一緒に話し合うため、明確な返済方法が取り決めることができます。裁判によって債務整理をするよりも特定調停の方が経済的ともいえます。