保証人の扱いについて

 

多重債務に陥り、返済が難しい状況に追い込まれた場合、債務整理をするという選択肢があります。特に自ら手続きを取れる特定調停の場合は、費用を抑えることができるため、手続きをまず最初に考える人は多いです。ただし、特定調停をする場合には注意が必要なこともあるのです。
債務の中に、保証人がついているものがある場合は、迷惑をかけることになります。自分が特定調停手続きを行った場合、その債権が移行してしまうため、債務者の取り立てが行く可能性が高いのです。自分は返済額が減りますが、債務者がどう出るかは予測できません。
そういう事態を避けるためには、連名で特定調停の手続きをするという解決策があります。両者にメリットがあるため、借金を大幅に減額できれば負担は確実に少なくなります。しかし、連名で手続きをした場合には、両者が信用情報機関に事故情報として記録されるというデメリットがあります。
どのようなケースを選択した場合でも、迷惑をかけずに済む方法はないということです。双方で話し合いを行い、どの手続きを選ぶかを相談して決めなくてはなりません。
一番してはならないのは、内緒で勝手に特定調停の手続きを済ませてしまうという行為です。急な取り立てが行けば相手は困惑しますし、トラブルです。