デメリットって?

 

債務整理の手段として、特定調停という手続きがあります。平成12年から施行されたもので、比較的新しい手続きと言えます。
これは簡易裁判所を利用し、負債を圧縮していく手続きになります。債務者の経済的再生を図ることを目的としています。借金の支払不能には至っていなくても、いずれ行き詰るであろう状況にある債務者が対象となります。
簡単に言えば、裁判所を利用した任意整理ということです。特定調停利用の目安となるのは、利息制限法で引き直しを実行した後の債務を、3年以内に返済できるかどうかということです。この点では任意整理と同じ特徴を持っています。
特定調停の手続きをした場合、メリットは色々ありますが、当然デメリットもあります。どんなものがあるのか、紹介していきます。
まずはブラックリストに記載されてしまうというマイナスポイントがあります。情報信用機関に登録されてしまえば、その情報は貸金業者や金融機関に知られてしまうのです。
調停が成立した後に支払不可能となると、給与などが差し押さえ対象となる可能性もあります。また、裁判所や調停委員によっては、債権者側に有利になるような対応を取ることもあります。これらの不利な状況を理解して上で手続きをする必要があります。