未分類

 

多重債務に陥り、返済が難しい状況に追い込まれた場合、債務整理をするという選択肢があります。特に自ら手続きを取れる特定調停の場合は、費用を抑えることができるため、手続きをまず最初に考える人は多いです。ただし、特定調停をする場合には注意が必要なこともあるのです。
債務の中に、保証人がついているものがある場合は、迷惑をかけることになります。自分が特定調停手続きを行った場合、その債権が移行してしまうため、債務者の取り立てが行く可能性が高いのです。自分は返済額が減りますが、債務者がどう出るかは予測できません。
そういう事態を避けるためには、連名で特定調停の手続きをするという解決策があります。両者にメリットがあるため、借金を大幅に減額できれば負担は確実に少なくなります。しかし、連名で手続きをした場合には、両者が信用情報機関に事故情報として記録されるというデメリットがあります。
どのようなケースを選択した場合でも、迷惑をかけずに済む方法はないということです。双方で話し合いを行い、どの手続きを選ぶかを相談して決めなくてはなりません。
一番してはならないのは、内緒で勝手に特定調停の手続きを済ませてしまうという行為です。急な取り立てが行けば相手は困惑しますし、トラブルです。

 

 

特定調停における退職金の扱いを考える前に、特定調停について整理します。特定調停とは、簡易裁判所を利用して負債を圧縮する手続きのことで、支払不能に陥る恐れのある方や債務超過に陥る恐れのある法人が対象になります。
自己破産と違って返済を続けていくことが前提なので、一定の収入を継続して得られる方でなければ利用出来ません。目安としては利息制限法で算出された債務の額を3年で返済出来るかどうかになります。
流れとしては、簡易裁判所への申立てを行い、調停成立に向けた当事者間の協議をし、調停成立後返済開始となります。任意整理とは違い、弁護士や司法書士を介さず裁判所とやり取りをします。そのため、多少の手間は掛かりますが手続きは比較的簡単で、他の借金整理法に比べて費用を抑えることが出来ます。
しかし、調停の手続きや調停委員と話合いの度に裁判所に行かなければならないため、会社勤めの方にはなかなか難しいという事実もあります。また、計画通りに返済が行われなかった場合には給与を差し押さえられる可能性もあります。
特定調停は多少なりとも収入があることを前提にし、それを返済に充てるというものです。そのため、退職する前提で返済を考えている場合は次の職が決まった状態で行うか、他の借金整理方法を考えた方が懸命です。

 

 

借金が膨らんでしまい、返済が不可能になった場合には、自己破産してしまうことになります。自己破産の手続きをすると、持っている財産を失う代わりにまた一からやり直せます。
財産を失うということは、当然マイホームも失うおそれがあります。住宅を失ってしまうと、住宅ローンで返済を続けていても意味が無くなってしまいます。
また、自己破産をしてしまうと金融機関からの信用を失ってしまいます。金融機関では信用情報が共有されているので、すべての金融機関からの借り入れができなくなります。自己破産後に住宅を買おうとしても、住宅ローンが組めないということになります。
しかし、住宅を失わずにやり直せる方法がいくつかあります。その中の一つは特定調停です。特定調停では借り主と貸主の間に裁判所が仲介して、返済に関して話し合い解決するという方法です。話し合いで解決するのである程度自分の有利な解決策にすることも可能です。
そのため、住宅を残すこともできます。しかし注意したいことは、特定調停では話し合いで決めた内容で借金の返済を続けないといけないことです。少しでも借金の返済が滞ると、強制的に財産を没収されることもあります。借金を確実に返済できるように、計画をたてて返済しなければなりません。

 

 

借金問題で悩んでいる人の中には、債務整理を行うことを検討する人が増えています。方法は4種類あるとされていますが、今回は特定調停という手段について解説していきます。
特定調停を執行させるためには、条件を満たす必要があります。法律で決まっている条件に該当しなければ、手続きをすることができません。また、提出を求められる書類も色々あります。
まずは特定調停申立書へ必要事項を記入します。氏名や生年月日などの個人情報などです。
関係権利者一覧も作成が必要となります。複数の金融会社から借金をしているケースがあるので、それらの業者名や借入残金などを記入していきます。一部の債権者だけに申立てをする場合でも、全ての記入が必要となります。
資産状況の報告も行います。預貯金額や不動産、車といった財産とみなされるものです。生命保険も解約返戻金がある場合は財産となるので、記載が必要です。
保険に関しては、特定調停手続きを行ってからも加入し続けることが可能です。新たな契約を結ぶこともできます。しかし、特定調停の場合は大幅に借金が減額しないことが多いので、自主的に解約する人も多いです。
保険料が高い貯蓄性のある保険へ加入している場合、掛け捨て型を選択するなど工夫が必要です。返済は続くので計画性が大切なのです。

 

 

特定調停は簡易裁判所で取り扱われる民事調停ですが、現状の借金返済をおこなっていては生活が破綻するようなときに執行されます。あるいは申し立てが法人の場合、事業が成り立たなくなって破産してしまうような状態にあると執行されます。
当然、これを認めてもらうためには、個人や法人の経済状況を詳らかにしなければなりません。口頭で生活や事業が逼迫していると述べても、根拠がないので執行させるわけにはいきません。
個人であれば申し立ての申請書を埋めていくことで、必要事項をまとめることができます。法人に関しては、もう少し厳密に書類を揃えることが求められます。これらが揃ったところで申請をして、裁判所が調停をおこなうに足ると判断すると、はじめて執行へと進んでいきます。
ここで大切なのは、この調停が強制ではなく、双方の合意の元に執行できるということです。借受人が申し立てをしても、貸し付けた側が認めなければ執行には至りません。そうなってしまうと、破産手続きなどをとらなければならなくなります。
双方が合意するということは、新たな返済の条件が成立するということです。貸した側も多少期日が延びたりしても、踏み倒されるよりは返済された方が得となれば、調停を受け入れることになります。

 

 

債務整理の手段として、特定調停という手続きがあります。平成12年から施行されたもので、比較的新しい手続きと言えます。
これは簡易裁判所を利用し、負債を圧縮していく手続きになります。債務者の経済的再生を図ることを目的としています。借金の支払不能には至っていなくても、いずれ行き詰るであろう状況にある債務者が対象となります。
簡単に言えば、裁判所を利用した任意整理ということです。特定調停利用の目安となるのは、利息制限法で引き直しを実行した後の債務を、3年以内に返済できるかどうかということです。この点では任意整理と同じ特徴を持っています。
特定調停の手続きをした場合、メリットは色々ありますが、当然デメリットもあります。どんなものがあるのか、紹介していきます。
まずはブラックリストに記載されてしまうというマイナスポイントがあります。情報信用機関に登録されてしまえば、その情報は貸金業者や金融機関に知られてしまうのです。
調停が成立した後に支払不可能となると、給与などが差し押さえ対象となる可能性もあります。また、裁判所や調停委員によっては、債権者側に有利になるような対応を取ることもあります。これらの不利な状況を理解して上で手続きをする必要があります。

 

 

ギャンブルなどの趣味や資産運用のための株取引、自営業による会社運営の資金調達など、借り入れをする理由はさまざまです。しかし、あまりに多くの借り入れをしてしまうと、毎月の収入から返済していくことが厳しくなってしまいます。
借り入れをした債務者から無理に返済を請求すると、自己破産に追い込んでしまいます。その結果、免責が認められてしまうと、債権者側は貸したお金が返ってこないため、自分自身の会社がリスクを背負う形になってしまうのです。そういったことを避けるためにも債務者には自己破産ではなく、特定調停による方法で債務整理をします。
特定調停とは、民事手続きの一種であり、一般的な調停手続きと変わりはありませんが特例をして定められています。債務者が個人だけではなく、法人であっても特定調停の手続きをとることが可能です。
現時点で返済していくことが難しい場合、債権者と返済方法について話し合いをし、債務者の生活や事業の改善をするための手続きといえます。特定調停のメリットとしては、債務者の現在の状況などを基に今後、どのような返済の仕方が適切であるかを債権者と一緒に話し合うため、明確な返済方法が取り決めることができます。裁判によって債務整理をするよりも特定調停の方が経済的ともいえます。

 

 

今回は、特定調停とは何か、その役割についてご説明します。これは、簡易裁判所が借金整理や借金返済をしたい人と債権者との間に入って、話し合いを仲裁するというものです。これを行うことにより、返済条件の軽減や新しい借金返済プランの合意が成立する手助けとなります。債務者が借金を整理して、一から新しい人生を送れるように支援するというのが大きな役割となっています。
概要としては、まず第一に債権者からこれまでの取引履歴を開示してもらうというのが第一段階です。そして利息制限法に基づき、利息制限法以上の高金利は全て無効とします。つまり、これまで過払いしていた金利分が借金の元本返済に充てられるという手続きが取られます。
ですからこの手続きを行うことによって、借金返済がだいぶ楽になったという声が非常に多くあります。高金利を多く支払ってきたために借金返済がなかなか進まず困っているという方はぜひ利用するべき方法だと言えます。
ただしこの方法は誰でもできるというわけではありません。減額後の借金が3年程度で返済できる金額の方、それから継続して収入を得る見込みがある方でないと利用できませんので注意が必要となります。自分がこの制度を利用できるかどうかわからないという方は、法律事務所などに気軽に問い合わせてみてください。